2024-04-23

エンジニアにとってのキャリアの棚卸しの重要性

これまでに自分が関わってきた仕事や日常的な業務、獲得したスキルなどを書き出すことを「キャリアの棚卸し」と言います。自分の弱みと強みを把握し、客観的に自分を見ることができるため、就職・転職活動の際によく行われます。エンジニアはこのキャリアの棚卸しを定期的に行うべきです。

エンジニア業界のキャリアパスは様々です。「エンジニア」とひとくくりにされますが、プログラマー、SE、プロジェクトマネージャー、テストエンジニアなど多くの種類があり、それぞれで全く異なる仕事をしています。つまりエンジニアには決まった一本道のキャリアパスが無いのです。そうなると、どういった道を進んでいくかはそれぞれが決めることになります。その時に、自分の得意分野と苦手分野が分かっていないと、正しい選択ができないのです。

例えば、1人で仕様書通りにコードを打ちこんでいくことが好きで、それを得意としている人がSEなどになると、コードを打ちこむ以外の仕事がメインになり、持ち味を発揮できなくなるかもしれません。反対に、人をまとめ上げ、プロジェクト全体を見渡す能力がある人ならばプログラマーよりもSEやプロジェクトマネージャーのようなチームをまとめ上げる仕事にやりがいを感じるでしょう。

自分の特性を理解しないままエンジニア業界にいたら、得意分野を活かす機会を逃し、いつまでも苦手分野で時間を無駄にすることになります。キャリアの棚卸しをして、自分を知るということは重要なのです。