2024-04-23

独立するエンジニアが増えている理由

「会社の歯車として一生を終える気はない」というエンジニアは多いです。そういう人たちが考えるのが独立ですが、実際、独立するエンジニアが増えていることをご存じでしょうか。では、エンジニアはどんな理由で独立するのでしょうか。

「会社の歯車として働きたくない」というのも独立の1つの理由ですが、それ以外にもいくつか理由が考えられます。たとえば、日本の企業社会全体に言えることですが、副業が徐々に解禁されてきたことが挙げられるでしょう。国も副業を推奨しているぐらいですので、これまで副業禁止を掲げていた企業の多くが、社員の副業を認めるようになっています。

副業ができるようになった会社員のなかには、自分のスキルを使って大きく稼げることがわかる人もいるでしょう。会社の給料より副業での収入の方が上回る人もいるぐらいです。となると、いつまでも会社に所属して言われるままに仕事をしているより、独立して自分のやりたい仕事を思い切りやりたいと考えるのも自然な流れではないでしょうか。

上記の理由に加えて、フリーランスのエンジニア向けの案件が増えていることも理由として挙げられます。独立しても仕事があるとわかれば、これまで副業はしていても独立に踏み切れなかった人たちのなかで、独立してやっていけると自信を持つようになる人も出てくるでしょう。また、ライフスタイルの見直しによって、仕事一辺倒のスタイルを見直そうという動きが広まっています。自分のペースで仕事をするために、企業に所属するのではなく独立を選ぶエンジニアが増えているのです。